かりんサーバーで活動中のvv戦士必斗のブログです。    2/15 博麗ちゃんの賽銭箱を追加
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
vv戦士必斗vv
性別:
男性
自己紹介:
Name:vv戦士必斗vv
Job:戦士(ヒーロー)
Level:134
博麗 霊夢の賽銭箱
最新コメント
[02/28 vv戦士必斗vv]
[02/26 蝶]
[02/25 ぃちご]
[02/24 vv戦士必斗vv]
[02/24 ぃちご]
[02/17 びすけ]
[02/15 CHISARUN]
[02/14 ゴン]
[02/14 サバ]
[02/14 vv戦士必斗vv]
[02/13 木霊]
[02/13 ゴン]
[02/13 CHISARUN]
[02/13 NONAME]
[02/12 starfiksi]
[02/11 ゴン]
[02/06 starfiksi]
[01/24 ゴン]
[01/19 カミカゼ]
[01/02 vv戦士必斗vv]
[01/02 ゴン]
[01/02 蝶]
[01/02 まこと と呼ばれし者]
[12/01 vv戦士必斗vv]
[11/30 CHISARUN]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は闇の軍勢とライトニング達が戦う場面です


スキル紹介part1にある赤い髪のライトニングがでるかも!!








ライトニング「やっぱり、闇の軍勢だ。」


雷電「ふっ、ザコだから心配ないだろう。」


ラケリース「ちょっと!あんたたち今までこんなのと戦ってきたの!?」


ディーノ「・・・・まぁな」


メルリーナ「じゃあ私たちの実力を見せるときね!」


闇の軍勢は容赦なく突撃してきた


ライトニング達はそれぞれなるべく離れて戦うようにした


ジークハイト『爆符「エクスプロード」!!』


雷電『影符「シャドウスウィング」!!』


ガーネット『矢雨「アローレイン」!!』


3人は一気に闇の軍勢を消し払っていく


ラケリース「うそ!?どうすればあんな強く!?」


ラケリースの後ろから1人の闇の騎士が斬りかかった


ラケリース「わっ!?」


ライトニング「よそ見してると命を落とすぞ!」


ライトニングが防御してくれたからよかったものの、まだ沢山くる


メルリーナ『神波「ジェネシスエンド」!!』


ハルベルト「へぇ~あいつもよくやるようなったな!」


ライトニング『滅符「エクセキューション」!!!』


ラケリース「あ、ありがとう・・・」


ライトニング「見とれてる暇があったら、お前の力も見せてくれよ!」


ライトニングはそう言って別の騎士を倒しにいった


ラケリース『制裁「ジャッジメント」!!』


ラケリースは知らぬ間に知らぬ技を使っていた


ラケリース「えっ?何これ?!」


ライトニングはこっちを向いて微笑んだ


ラケリース「・・・私もがんばらないとね!」


ハルベルト「神に使われし龍よ、我に力を授けよ・・・・」


ライトニング「ハ、ハルベルト・・・?」


ハルベルトは武器に全ての力を送っている


ライトニング「ハルベルト!それはやる必要はない!」


ハルベルト「だってよ・・・俺の軍勢の中に強いのが混じりこんでるんだ」


雷電「ハルベルト!よせ!」


ハルベルト『ラストスキル 龍咆「ドラゴンスラッシャー」!!』


大きな爆音と共にハルベルトが相手していた闇の軍勢は消え去った


ラケリース「やった!これで大分削れたわね!」


ライトニング「・・・・」


雷電「・・・・」


二人共黙りこんでいる


ラケリース「ど、どうしたのよ二人共、黙り込んじゃって・・・」


ライトニング「あいつにはまだ早い技だというのに、自分の命削ってまで使うとは・・・」


雷電「ハルベルト・・・今まで死を恐れていたというのに・・・」


ライトニング「・・・・っ!!」


ライトニングの様子がおかしい、リンダが心配そうに見ている


リンダ「ラ、ライト?どうしたの?」


ライトニングの髪の色、瞳の色が変わったり戻ったりしてる


リンダ「ま、まさか、また!?今度は赤よ?!」


ミーメリア「彼を悲しみが覆っています、危険ですので離れてください」


リンダは何が起こっているかわからないまま唖然としていた


ライトニング「ハルベルト・・・・くっそぉぉぉおおお!!!!」


ライトニングが叫んだ途端に地面が大きく揺れた


ライド「何だ、何が起きているんだ!」


ジャック「こいつ、感情で姿が変わるのか?!」


ライトニングの羽が黒くなり、髪と瞳が赤くなっている。


ジークハイト「羽が黒くなったらヴェルダファートは使えない、これじゃ逆に殺される!」


ライトニングは完全に理性を失ったかのように暴れ出した


リンダ「ライト!どうしたのよ!」


ジークハイト「リンダ近寄るな!あいつは理性を完全に失っている!」


ライトニングは素手で闇の軍勢をどんどん倒していく


ミーメリア「・・・! みなさん、目を閉じてください」


ジャック「どうしてだ!?」


ミーメリア「あの輝き、必ずあの禁断の技です、目を閉じてください」


皆言われたまま、目を閉じた


ライトニングの目が赤く輝いている








~ラストスキル 最悪「ラスト・ナイトメア」~







謎の音波が繰り出される中、闇の軍勢全員が苦しみだした


ジークハイト「一体何が起きている!?」


ミーメリア「おそらく、彼は「ラスト・ナイトメア」を使用しています。音波は聞こえますが目を閉じていれば大丈夫です」


闇の軍勢は気づけば全員倒れていた


ミーメリア「もう大丈夫です、目を開けてください」


ジークハイト「・・・・何が起きているんだ・・・・」


ライトニングの目は赤く輝いたままだった


ジャック「また、くるんじゃ・・・!?」


ミーメリア「音波が聞こえなければ大丈夫です」


ライトニングはいきなりジークハイト達を襲いかかった


ジークハイト「っ・・!?ライトニング!?」


  そうだ、あいつは理性を失っている・・・・


  悲しみに操られたまま・・・・


ジークハイト「・・・・このままじゃ戻りそうにないな」


リンダ「ジーク?剣を構えてどうするの・・・?・・・まさか!」


ジークハイト「リンダ・・・・ごめん、戻す方法はこれしかない」


リンダ「ジーク、やめて・・・お願い!」


ラケリース「きっと何かすれば戻るはずよ!戦うのだけは!」


 ~力量打撃「エクセキューション」~


ライド「ジーク!危ない!」


ジークハイト「みんな・・・ここは俺にやらせてくれ」


そういって、攻撃を防いだ




   ライトニング、必ず師匠としてお前を戻してみせる・・・・



   たとえお前が理性を残していなくても・・・・



   何があろうと、お前はお前だ・・・・!!



ジークハイト『滅符「エクセキューション」!!』


ライトニングは拳で防いだ、どうやらパワーも上がっているらしい


ジークハイトははじき返され、岩にぶつかった


ジークハイト「くそっ・・・俺は助けることができないのか・・・」


誰もがあきらめかけたその時、ライトニングの赤く染まったイヤリングに剣が飛んできた


イヤリングが外れればライトニングは通常と同じ状態になる


リンダ「あ、あの剣は・・・・」


ジークハイト「まさか・・・・」


誰かが岩の上に立っていた、闇の騎士に似ているが、確実に味方と判断できる人物だった


ライド
ジャック
        『バシュタール!!!』
ジークハイト
リンダ


バシュタールと呼ばれた男が、岩の上から下りてきた



   次回 ~戦友同士の対決 ライトニングvsバシュタール~






おまけ



作者「うぇっへっへっへっへww」


カオス「そろそろ出してくれ」


作者「今出たらカオスじゃなくてカスになりますよ?」


カオス「くっ・・・」

PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ゴン
続きよみてええええええええええええええええええええええええええええええええええ!
,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
2009/11/06[Fri] 00:32:54 :EDIT:
無題
vv戦士必斗vv
>ゴン

これでも意外と大変なんだぜw

小説力のない俺だが楽しみに待っててくれるとうれしいw
2009/11/06[Fri] 16:54:31 :EDIT:
無題
CHISARUN
ラけりいいいいいすううううううううううう
2009/11/11[Wed] 18:54:34 :EDIT:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]

Copyright c 戦場の記憶。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]