かりんサーバーで活動中のvv戦士必斗のブログです。    2/15 博麗ちゃんの賽銭箱を追加
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
vv戦士必斗vv
性別:
男性
自己紹介:
Name:vv戦士必斗vv
Job:戦士(ヒーロー)
Level:134
博麗 霊夢の賽銭箱
最新コメント
[02/28 vv戦士必斗vv]
[02/26 蝶]
[02/25 ぃちご]
[02/24 vv戦士必斗vv]
[02/24 ぃちご]
[02/17 びすけ]
[02/15 CHISARUN]
[02/14 ゴン]
[02/14 サバ]
[02/14 vv戦士必斗vv]
[02/13 木霊]
[02/13 ゴン]
[02/13 CHISARUN]
[02/13 NONAME]
[02/12 starfiksi]
[02/11 ゴン]
[02/06 starfiksi]
[01/24 ゴン]
[01/19 カミカゼ]
[01/02 vv戦士必斗vv]
[01/02 ゴン]
[01/02 蝶]
[01/02 まこと と呼ばれし者]
[12/01 vv戦士必斗vv]
[11/30 CHISARUN]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1260534494.png
前回のあらすじ


カオスの手下「ブレイド」と戦って倒してその後ルナの尻尾がどうのこうの


この画像の人はライトニングです、いつ変化するのだろうね


ルナ「ラ、ライト~・・・(泣」


相当強く抱きしめてきた


ライトニング「うっ・・・」


ハルベルト(  あいつだけずるいぞ!俺にも抱きつけば助けるのに!  )


ディノ(  残念だが、今回だけはお前に譲ることはできない  )


この2人は変態キャラ決定です


その時、地面が揺れ出した


リンダ「・・・!?な、何!?」


ハルベルト「な、なんだこりゃああ!!!」


雷電「地面が揺れている・・・」


リリア「闇の力も感じられるわね・・・」


ライトニングは何かを見つけたようだ


ライトニング「あ、あれは・・・!」


ライトニングが見た先にはカオスがいた


カオス「久しぶりだな・・・ライトニング」


そう、空にはカオスがいた


ライトニング「カオス・・・」


カオス「今日こそ我々にとって邪魔なお前たちを消させてもらおう」


メルリーナ「誰があんたなんかに消されるものですか!」


ディノ「闇なんて生きてても得しないぜ」


カオス「得?そんなものは必要ない。必要なのは強さだ」


ライトニング「強さだけが大切なわけじゃない・・・仲間を思う心だって必要だ」


カオスが杖を取り出した


カオス「その仲間を思う心の力を見せてもらおうか・・・」


すると、全員武器を構えたが


ライトニング「皆、ここは俺だけにやらせてくれ」


ルナ「そんな・・・無茶だよ、ライト!」


ライトニング「これは、俺の最後の戦いになるはずだ・・・」


そうだ、5つの町に現れた塔の封印になるという使命がライトニングにはあった


ライトニング「カオスと、決着をつける」


そういって、カオスのもとに向かった


ライトニング「カオス、今までお前が殺してきた多くの人々の仇、ここで打たせてもらう」


カオス「やれるものなら・・・やってみろ・・・」


ライトニングがポケットからイヤリングを取り出した


ライトニング「光の騎士団’ハルベルト’の力を与えよ・・・」


ハルベルト「っ!?まさかあのイヤリングは・・!」


すると、ライトニングの体が赤く光り、姿がかわった


ライトニング『龍符「ドラゴンスラッシャー」!!』


ハルベルトと全く同じ技を使っていた、光の騎士団メンバーのイヤリングだった


カオス『闇符「ダークメテオ」』


ライトニングに隕石が1発だけあたった


ライトニング「ぐあっ・・!」


ルナ「ライト!」


ルナは助けに行こうとしたが雷電が止めた


雷電「ルナ、あいつは最後の戦いをしているんだ・・・助けたいのは俺も同じだが、あいつが許さないだろう」


ルナ「・・・」


まだ二人は戦っていた


ライトニング「光の騎士団’ネオ’の力を与えよッ!」


次は青く光り、また姿が変わった


ライトニング『弾幕「リボルバーショット」!!』


どんどん弾を発射している、どうやら姿も力の持ち主に近づくようだ


カオス「くっ・・・」


どうやらかなり効いているようだ


カオス「だが・・・これは耐えれまい!」


ライトニング「!?」


ライトニングは知っている、カオスが使い両親が死んだ技だった


それどころか、ルーンブレイドの住人も死んでいった


カオス『究極魔符「アルティメットエクスプロージョン」!!』


ライトニング「・・・・くっそおおおおお!!!!!!」


その技は、ライトニングにも避けきれなかった


カオス「ふふっ、これで流石のお前も耐えることはできないだろう」


 ─誰が終わるものか・・・・─


カオス「・・・?」


 ─まだ・・・終われない・・・─


カオス「なんだ・・?」


雷電「・・・ライトニング!」


ジークハイト「?!」


ライトニングは生きていた、だがイヤリングが全て壊れていた


ライトニング「武器がヴェルダファートじゃなくたって・・・勝てないわけじゃないさ・・・」


二刀流で戦うしか方法はなかった、しかし威力的にはヴェルダファートの方が上である


カオス「だが、イヤリングが壊れた今、お前は大分弱っているだろう」


ライトニング「・・・そいつは・・・どうかな・・!!」


すると、カオスの目の前にライトニングが瞬間移動した


ライトニング『虎牙破斬!!』


カオス「くっ・・!」


ライトニング『虎叫破斬!!』


どんどんライトニングが技を使っていく


カオスは虎叫破斬で大分遠くに飛ばされた


ライトニング『転移蒼破斬!!』


すると、カオスの上にライトニングが現れた


カオス「くそっ・・・なんだこの力は・・・」


ライトニング「たとえ神の力を失おうと、勝ち目がなくなるわけじゃない・・・」


ライトニング「勝つのに必要なのは、神の力じゃなく・・・『心』だッ!!」


すると、ライトニングの手元が光った


雷電「なんだ・・!?」


ディーノ「神の力を手に入れた時の輝き・・・?」


ライトニングはヴェルダファートを持っていた、だが別人かのように姿が変わっていた


ディーノ「ルーンブレイドの本に乗っていた、伝説の英雄と姿が似ている・・・」


ルナ「まさか・・・あれが・・・?」


ジークハイト「どうやら、ルーンブレイドの王誕生のようだな」


リンダ「ライトが・・・王・・・?」


ジャック「あいつ、とうとうそこまでなっちまったか・・・」


ライド「もう、何も言えないな・・・」




カオス「き、貴様・・・何者だ・・・」


ライトニング「俺か・・・俺はさっきからお前と戦ってる奴だぜ?」


カオス「ふ、ふざけるなあああああ!!!!!」


さっき使った技を発動した


カオス『究極魔符「アルティメットエクスプロージョン」!!!』


ライトニングは避けようとしなかった


ライトニング「舐められたものだ、光の究極魔符をみせてやるぜ


ライトニング『究極魔符「アルティメット・ルーンブレイド」!!!』


カオスはかなりのダメージを受けた


カオス「ぐわあああああああ!!!!!」


ライトニング「カオス、残念だったな・・・」


カオス「まだ・・・まだだ・・・・・」


その時、カオスの体にヴェルダファートが突き刺さった


カオス「・・・!?」


ライトニング「カオス、安らかに眠れ・・・。」


と、言った途端・・・・カオスの体が消えていった・・・


ルナ「や、やったの・・・?」


ライトニング「・・・ああ、やったよ」


と、嬉しそうに答えた



     次回....楓物語~1世代目終焉~

   

    ライトニングが出るのは、次が最後です...


1世代目主人公:ライトニング・ザ・スターライト


2世代目主人公:メビウス


3世代目主人公:トーマ


4世代目主人公:ラディウス


5世代目主人公:レックス



※主人公全員が「龍剣ヴェルダファート」を使うことができるわけじゃありません※
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35]

Copyright c 戦場の記憶。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]