かりんサーバーで活動中のvv戦士必斗のブログです。    2/15 博麗ちゃんの賽銭箱を追加
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
vv戦士必斗vv
性別:
男性
自己紹介:
Name:vv戦士必斗vv
Job:戦士(ヒーロー)
Level:134
博麗 霊夢の賽銭箱
最新コメント
[02/28 vv戦士必斗vv]
[02/26 蝶]
[02/25 ぃちご]
[02/24 vv戦士必斗vv]
[02/24 ぃちご]
[02/17 びすけ]
[02/15 CHISARUN]
[02/14 ゴン]
[02/14 サバ]
[02/14 vv戦士必斗vv]
[02/13 木霊]
[02/13 ゴン]
[02/13 CHISARUN]
[02/13 NONAME]
[02/12 starfiksi]
[02/11 ゴン]
[02/06 starfiksi]
[01/24 ゴン]
[01/19 カミカゼ]
[01/02 vv戦士必斗vv]
[01/02 ゴン]
[01/02 蝶]
[01/02 まこと と呼ばれし者]
[12/01 vv戦士必斗vv]
[11/30 CHISARUN]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジークハイトはリヴァイアサン襲撃のため、作戦会議に参加していた


兵士A「ジーク様、リヴァイアサンの中に紫色の奴がいるのはご存知でしょうか?」


ジークハイト「紫色・・・?知らないな、初耳だ」


兵士A「それはとても闇の力を持っているリヴァイアサンで通常の奴らより圧倒的に強いんです」


ジークハイト「なるほど、今まで苦労して倒したリヴァイアサンより圧倒的に強いって・・・下手すれば倒せないんじゃないか?」


兵士B「何をおっしゃるんです、ジーク様。ジーク様には聖剣ラングートがあるじゃないですか。」


ジークハイト「ああ、確かにリヴァイアサン任務の時はラングートを持ってなかった。多分ザコは楽勝だろう」


兵士B「でも、たとえラングートで苦労すると言っても、行くのは4年後ですからね!」


ジークハイト「ああ、そうだな。それまで鍛えれば余裕か」


兵士C「ラングートは一見普通の剣ですが、重さはマンモス1頭分ですからね!」


兵士A「そんなの聞いたことないぞ!なぜ黙っていた!」


兵士C「ラングートについて勉強していました(笑)」


ジークハイト「お前にも選ばれる時がいずれ来るかもしれないよ」


兵士C「いや~そんなことないですよ」






一方その頃


レオンハルト「ふむ・・・未来予知してみるかな。この子について」




「「俺は誰なんだろうか・・」」


レオンハルト「記憶を抜き取ってある、つまりメイプルワールドか」


「「・・・すごい闇の気配がする、あれは何色だ」」


「「そうだなぁ・・・次はどこにいくか」」


レオンハルト「この子は将来メイプルワールドで団体で旅をする・・・」


「「俺が片づける、お前らは先にいけ!」」


レオンハルト「む、早い・・?」


「「これが、聖剣ラングート?俺は選ばれたのか?」」


レオンハルト「ジークと話している、それにラングートを手にしている!?」


「「カオス、覚悟しろ!」」


レオンハルト「は、早い!ジャックと同じぐらい早くないか!?」


「「わかった、この剣は大事にするよ」」


レオンハルト「俺があの子に剣を授けている?」


「「俺は、ライトニング・ザ・スターライト。パスワードの戦士の一人だ」」


レオンハルト「記憶を取り戻した?それにあれはあの子の名前か?」


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


レオンハルト「よし、彼に知らせなければ」


会議室にレオンハルトが入ってきた


レオンハルト「ジーク、あの子の名前。未来予知したら出てきた。」


ジークハイト「それは本当ですか?」


レオンハルト「ああ・・・「ライトニング・ザ・スターライト」」


ジークハイト「なるほど、名前からすれば聖なる力の持ち主ですか」


レオンハルト「ラングートをもっていた、それに俺の剣も授かっていた」


ジークハイト「レオンハルト様の未来予知は外れないはず。それが本当になるってことですか!?」


レオンハルト「彼は、俺の剣を手にした時・・・姿が一変した。」


それを言った途端に、地面が揺れた


ジークハイト「・・・・はっ・・・闇の気配!?」




                 3話に続く
PR
この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]

Copyright c 戦場の記憶。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]